い じめ、不登校、ひきこもり、ニート、子育て、自分のこと、夫婦、家族、人付き合い、人間関係




■ 講 座 セミナー ワークショップ
≪ 自分の存在価値と命を尊重しセルフエス ティームを高める≫
☆  ほめ日記講座 (「ほめ日記」は手塚千砂子考案 登録商標 )
ほ めることがなかなか難しいと…
家 族の良いところを…と聞くと夫のことはあ まりないかな?子どものことはまだ言える。
えっ、 自分のこと?短所なら言えるなんて笑 いながらワークショップでの会話です。
ほ めてみたらどんなに素晴らしいことが起こ るでしょう…
ほ めて良いんです。
自 分ほめを限りなくたくさんして良いんで す。
承 認、償讃
ほ め日記を書いて自分の自己尊重感を高めま す
【自 分の自己尊重感を高めると】
・ 自分を好きになる
・ 自信がつく
・ 必要な力が出てくる
・ 子どもや自分をほめる力がつく
・ 愛が高まる
・ 命の力を表面化する
簡 単!ノートとペンだけあれば大丈夫。
ほ め日記を書くことではCT自尊感向上プロ グラムでします。
マ ンネリしない。
ほ めかたがわかる。
ほ め言葉がたくさん増える。
ほ めるポイントがわかる。
☆  命の声を聴く自己尊重トレーニング
・ ラブライフ・トレーニング
自 分ほめ・他者ほめをしてほめること、尊重 感を共有します。
・ フィーリングトレーニング
≪ 子育て・結婚・終活・思い出のアルバム作 り≫
☆    はぐはぐ(育育)コミュニケーション講座
は ぐはぐ(育育)コミュニケーション 商標 登録第5522678号
人っ て育ちあう。
育 む、育てることで育てられ 育ちあう。
コ ミュニケーション(共有)することで更に 育み、
育 つことのうれしさが大きくなる。
心 の中には思い出のアルバムが…
子 育てにも、結婚にも、人生の終活にも大事 な
・ 想い
・ 言葉
・ 感情
・ 行動
… ハグ・育み
そ ばにいても、離れていても、今、過去のこ とでも、将来のことを…
ハ グ・育むことはできます。
本 当は、いつでも心の中でハグ・育み
そ んな想いから、言葉から、感情から、行動 に数年の長いひきこもりを回復させたお母さんがいます。
は ぐはぐ(育育)コミュニケーションの素晴 らしさに感動でした。
≪ 子ども・保護者に関わる先生の自己尊重感 を高めてより効果的なコミュニケーション≫
☆    先生たちの自己尊重感ワークショップ

● 先生たちの“一 番大切な自己尊重感”を高めるためのお話とワークをします。 
  子ども・保護者にかかわる自分を大切に 
自 己尊重感を高めて より効果的なコミュニ ケーションを  

先 生たちの毎日は、目まぐるしくたくさんの ことをします。
子 どもへの関わり、親への関わりでは
コ ミュニケーションがたくさんあって、いろ いろな課題をかかえます。
遊 び・勉強・成長・発達・園・学校での出来 事・友達とのことなど いろいろな課題。
子 どもと過ごす時間、園・学校での事を親へ お話をすることでは
そ れぞれの子育ての課題を共有します。
時 には、辛いことも共有して安心感、優しさ で親子の心を包みます。
親 子へ安心、勇気、夢を与えるコミュニケー ションは素晴らしいです。
今 の時代、モンスターペアレント、ヘリコプ ターペアレント、発達障害の
最 近の親、子どもの課題への対応が追いつい ていません。
こ れにかかわる先生は内面的な力を求められ ます。
そ んな毎日
●  先生にとって一番大切なことは
・ 自己尊重感(自分を大切にする)
・ 心のゆとり(セルフトーク)
・ 心の許容量(自分の良さに目を向ける)
●  先生の自己尊重感は、子ども・保護者と のコミュニケーションを助け、楽にします。

inserted by FC2 system inserted by FC2 system